お知らせ

Topics & News

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する当院の対応について

重要なお知らせ

ママやご家族の皆様が安心して来院できるよう、当院では新型コロナウイルスの感染拡大防止に万全を尽くしております。

一般的な医療機関で行っているマスク着用やアルコール消毒はもちろんのこと、各所へのパーティションの設置、医療機器の高度消毒剤を用いた消毒、抗原検査の実施など、徹底的にウイルス感染防止策を実施しています。

皆様をお迎えするまで

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

来院されるママやご家族の皆様を安全に迎えるため、クリフム出生前診断クリニックでは、施設内や検査機器の消毒を徹底的に行っています。

院内の消毒

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

待合室は数時間おきに消毒と換気を行っています。

診察室やカウンセリング室などの個室は、患者さまが入れ替わるごとに消毒を実施。消毒液を噴射する際は、専用の噴霧器を使用しています。

一般的な噴霧器の場合、シュッとワンプッシュする間にスキマ時間が発生して、消毒液が薄まる空間ができてしまいます。そのため、当院ではそのような空間が発生しないよう、継続的に噴射ができる専用噴霧器を使用しているのです。

お部屋の隅々まで、くまなく消毒ができるよう工夫しています。

検査機器の消毒

当院では、患者さまに触れる検査機器も徹底的な消毒を行っています。例えば超音波検査に使うプローブは、次のような方法を採用しています。

超音波プローブ

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
  • 経腹用プローブは、腹部に触れる部分にアルコールジェルをくまなく塗り、15秒間待ちます(ウェットタイム)。
  • ウェットタイム後にアルコールをぬぐい、清潔なカバーをかけて検査に臨みます。
    アルコールジェルでプローブを拭くだけでなく、15秒間のウェットタイムを守ることでウイルスの消滅を図っています。
  • 超音波プローブ専用 洗浄ー高レベル殺菌機器を3台導入して、1人ひとり全ての患者様に使う超音波プローブを直前に強力殺菌消毒しています。( torophon®︎ Nanosonics社

全ての超音波プローブを消毒して、下記の写真の状態でお1人おひとりの患者様にご入室していただきます。

超音波検査

ご来院時

コロナウイルス感染拡大防止対策のため、当院では新たにトリアージ室を設置しました。

トリアージ室での検温・問診

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

これまでの玄関口は、自動ドアからクリニックへ直接入れる構造でした。しかし現在は、自動ドアと院内スペースの間に新たにガラス扉を設置し、すぐに院内へ入れないようにしております。ガラス扉を設置した新しい空間内にトリアージ室を設け、新型コロナウイルスの安全対策を図っています。

来院されるすべての方に、まずトリアージ室での検温と新型コロナウイルスに関する問診票(TOCC)へのご記入をお願いしております。とくに問題のない方はトリアージ室から抜けてクリニック内に入れますが、微熱や鼻水、体がだるいなどの症状がある方は、さらに別室で抗原検査を受けていただいております。

抗原検査について

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

クリフム出生前診断クリニックで実施している抗原検査は、10分~15分で結果が判明するものです。新型コロナウイルスに感染している疑いの高い方や希望されている方のみ、実施しております。

抗原検査とは、鼻咽頭から検体を採取して新型コロナウイルス感染症の陰性・陽性を判断する検査です。ウイルスに感染した細胞が産出する「抗原」を検知します。

結果は10~15分ほどで判明しますので、長くお待たせすることはありません。

抗原検査後、検査結果証明書をお渡ししております。

診療時

ウイルス対策を徹底するために、診療時に使用するアイテムについても次のような方法を採用しています。

超音波ゼリーは1回で1本

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

超音波検査の際にお腹に塗付するゼリーは、一般的な使いまわしのボトルを使用せず、ママおひとりに対して、消毒滅菌した使いきりの専用ボトルを1本用意させていただいています。使いまわしの大きなボトルの場合、ゼリーを出したあとで吸い込む空気からの感染が心配されるため、大きなボトルのゼリーは使用しておりません。

また、ゼリーはママのお腹に塗る前に温めてから塗るようにしています。

採血・血圧測定もパーティション越しで実施

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

飛沫感染防止対策のため、採血や血圧測定を行う際も、パーティション越しで実施させていただいています。当院で行っている検査がスムーズに進められるよう、当院に合わせたパーティションをオーダーして設置いたしました。

「一動作一両手手袋」の徹底

ドクターやスタッフが検査や診察で使用する手袋も、一動作にごとに取り替えております。例え同じママを診ている場合であっても、その最中に医療機器や道具に触れたら一動作と見なし、その手袋は廃棄して新しい手袋に付け替えます。

一動作ごとに両手の手袋をかえるとなるとお時間をいただいてしまいますが、当院では何よりもママとご家族の皆様に安心して出生前診断を受けていただくためにも、スタッフ一同が徹底しております。

カウンセリング

当院ではオンラインシステムを導入し、院内の密状態を回避しています。

ZOOMカウンセリングを導入

クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策
クリフムコロナ対策

診察や検査はどうしてもママに直接クリニックまで来院していただく必要がありますが、検査結果に関するご説明やご相談はオンラインで対応しています。

例えば、当院にはママおひとりで来院していただき、ご主人は車あるいはご自宅での待機をお願いしております。各検査の結果につきましては、ドクターとママとご主人の3名をオンラインでつなぎ、結果報告やご説明をさせていただきます。

可能な限りオンラインを活用することで、クリニック内でママやご家族同士の接触を回避しています。ご来院の手間や余分な待ち時間が省略できるというメリットもあります。