ドクター紹介

Doctor

クリフム出生前診断クリニックのドクター紹介

夫律子

院長 夫 律子(ぷぅ りつこ)

「胎児診ずして胎児診断はありえず」をモットーに、クリフムにいらっしゃる全ての赤ちゃんを診ています。
生命誕生の不思議に魅せられ、産婦人科医の道に入りました。特に妊娠初期の胎児発達と胎児中枢神経系に興味を持ち、周産期医学、出生前診断、胎児超音波学、胎児神経医学を専門としています。FMF(Fetal Medicine Foundation)のNT資格を日本で最初に取得するなど、胎児診断について研鑽と研究を積み、現在では、国際学会で「胎児脳といえばDr.Pooh」と名前を挙げていただけるなど、国際的にも高い評価をいただくほどに。出生前診断はスタート地点だというポリシーのもと、患者さまに寄り添う出生前診断を行っています。※詳しくはこちら

経歴

兵庫県立神戸高等学校 卒業
慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
徳島大学医学部医学科 卒業
Chinese University Hong Kong 大学院修士 卒業

千代 豪昭

副院長 千代 豪昭(ちよ ひであき)

当院の副院長で、遺伝カウンセリング学の知識が深いドクターです。「患者さまと臨床の場で向き合い、寄り添う」という考えのもと、臨床遺伝診療部長として遺伝カウンセリングを担当。人類遺伝学・細胞遺伝学・小児臨床遺伝学・遺伝カウンセリング学・生命倫理学をテーマに、40年以上臨床研究を行っています。
人類遺伝学教育と遺伝カウンセリングの普及活動を積極的に行い、お茶の水女子大学では、認定遺伝カウンセラー養成のための講座を日本で初めて開設。初代教授として就任しました。各種学会にも参加しており、日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会・日本小児臨床遺伝学会の評議員・理事を務めています。

経歴

1971年 大阪大学医学部 卒業
兵庫医科大学遺伝学講座(助教授)
金沢医科大学(人類遺伝学研究所臨床部門主任兼人類遺伝学講座主任助教授)
大阪府立看護大学 教授
お茶の水女子大学大学院遺伝カウンセラー養成専門課程 教授

松澤 奈々

産婦人科医師 松澤 奈々(まつざわ なな)

順天堂大学医学部産婦人科学教室所属

松澤医師は順天堂大学医学部を卒業後、産婦人科医として経験を積んできました。そのなかで、胎児診断に興味を持ち、極めたいという思いから2020年4月からクリフムに勤務。お腹の赤ちゃんとそのご家族に向き合い、親身になって対応していくことを目指しています。現在、順天堂大学の大学院博士課程で医学博士をとるべく、クリフムで臨床研究をしています。

経歴

2012年3月 順天堂大学医学部 卒業
2020年4月~ クリフム出生前診断クリニック 勤務
大学院博士課程 在学中

稲村 昇

非常勤顧問 稲村 昇(いなむら のぼる)

非常勤顧問の稲村医師は、近畿大学医学部の小児科学教室に所属している医学博士です。主に小児循環器と胎児超音波診断を専門にしており、日本胎児心臓病学会理事長、近畿胎児心臓病研究会代表幹事も兼任しています。胎児の心臓病のスペシャリストとしていくつもの受賞歴を取得。2016年からチームクリフムの顧問として参加しています。胎児診断だけでなく、循環器系の病気については出産後も継続して診察・治療にあたるなど頼りになる存在です。

経歴

1987年3月 旭川医科大学医学部 卒業
1987年7月 大阪大学医学部附属病院小児科
1988年7月 市立芦屋病院小児科
1989年10月 大阪市立小児保健センター循環器科
1990年10月 大阪大学医学部附属病院小児科
1992年4月 大阪府立母子保健総合医療センター小児科
2006年4月 大阪府立母子保健総合医療センター小児科 副部長
2016年7月 近畿大学医学部小児科学教室

岡本 伸彦

非常勤顧問 岡本 伸彦(おかもと のぶひこ)

非常勤顧問の岡本伸彦医師は、普段は小児専門医療機関である「大阪母子医療センター」の研究所長として勤務しています。臨床遺伝学と神経遺伝学、先天異常学を専門にし、日々遺伝診療科で新たな疾病概念や診断方法などを診療&研究。日本人類遺伝学会評議員や、日本小児遺伝学会理事なども兼任しています。

経歴

1984年 大阪府衛生部・大阪府立病院
1986年 大阪府母子保健総合医療センター企画調査部
1988年 大阪府岸和田保健所
1991年 大阪府立母子保健総合医療センター企画調査部および発達小児科
2010年 遺伝診療科主任部長
2016年 大阪母子医療センター研究所長、および分子遺伝病研究部門部長(兼任)

土井 崇

非常勤顧問 土井 崇(どい たかし)

非常勤顧問の土井崇 医師は、関西医科大学附属病院、小児外科学教室の主任教授として、小児外科手術を多く手がけておられます。小児外科疾患の胎児病の多くが妊娠初期や中期に見つかりますが、土井先生はクリフムで一緒に超音波検査を診て、Dr.ぷぅと一緒に出生前カウンセリングをし、胎児期から丁寧に説明をしてママとパパに寄り添ってくださいます。