高齢ママ外来

Elderly mom outpatient

高齢ママ外来 高齢妊娠・高齢出産と言われたあなたへ

高齢ママ外来

WHO(世界保健機関)では35歳以上で出産することを高齢出産(高齢妊娠)としています。女性の社会進出が増え、晩婚化が進んでいる現代社会において高齢出産は特に珍しくありません。とはいえ、高齢妊娠は胎児に卵子の老化による染色体異常や遺伝子異常、ダウン症の子供が生まれる可能性が高くなるといわれており、また妊娠高血圧症候群の発生リスクやその他の合併症リスクが高くなるので、高齢妊娠の方は妊娠初期から詳しい検査を受けて早めに安心を得られるとよいですね。

NIPTを考えられるのも一つですが、赤ちゃんの診断なのに赤ちゃんを診ずに血液検査をすることに疑問を持つ方も多いでしょう。

クリフムでは、まず胎児ドックを受けてから、NIPTを受けるか、オスカー検査を受けるか、絨毛検査を受けるかを決めている方が多いです。

NIPTを受けて「陰性」と出てからクリフムに来られて、結局絨毛検査を受けられている方も多いので、まずは「胎児ファースト」で赤ちゃんに会ってからその後の検査を決めてみませんか。

35歳以上の妊娠・出産に不安を感じている方は、いち早く安心を得る、あるいはお腹の赤ちゃんとじっくり向き合う時間を取るためにも、妊娠初期からぜひクリフムにご相談ください。

35歳以上のママにクリフムがご案内している出生前診断について

ママの年齢が上がるとともに、お腹の赤ちゃんにかんする心配事も増えますよね。

クリフムでは、お腹の赤ちゃんの健康状態を詳しく見る胎児ドックをご案内しています。

精密超音波検査で赤ちゃんの顔や手足などの身体的な特徴を見ながら異常がないか丁寧に調べるのが、クリフムの胎児ドックです。

胎児ドックの結果は即日でお伝えできるので、検査をして何週間も不安な思いで待つ…といったことはありません。

高齢ママ外来ではまずママに胎児ドックを受けていただき、赤ちゃんに異常が見つかった場合のみ、診断を確定させるための絨毛検査・羊水検査などをご提案しています。※絨毛検査・羊水検査は必ず受けていただくものではありません。

お腹の赤ちゃんのことで心配事がありましたら、クリフムにご相談ください。迅速かつ的確な診断を提供し、ママとパパが選ぶ「いちばん」を応援します。

基本検査項目

胎児ドック(お腹の赤ちゃんドック)

胎児ドック(お腹の赤ちゃんドック)では、初期(11-13週)、中期(18-21週)、後期(29-30週)において、それぞれの週数における胎児の発育状態に問題がないかを確認します。

妊娠初期においては、染色体異常と共に、首のむくみ(NT)、手足の位置など先天性異常についてもチェックします。染色体異常の検出率は中期胎児ドックよりも高くなるため、高齢妊娠においては特に確認しておきたいところです。

中期胎児ドックでは顔面や各器官、関節などの発育状態について観察し、異常が疑われる場合はさらに精密検査で詳しく観察します。

後期胎児ドックでは、妊娠中期で観察した箇所をダブルチェックすると同時に、中期以降に発達する脳のしわ形成を観察。人間の知的な活動を司る大脳皮質の発育について確認します。

胎児ドックの検査の流れ

9~10週目に入り予定日の見込みが立った頃に、電話または予約フォームにて検査予約をしてください。検査日には問診票への記入があるため、予約時間の15分前には必ずママ・パパでご来院ください。

体重、血圧測定後に問題なければ個室にて超音波検査を行います。モニターに画像が映り、ママ・パパが一緒に確認することが可能です。

その後、エコー・内診を行い、検査終了後しばらくお待ちいただきます。改めて個室にて各項目を説明します。

胎児ドックの検査の料金
基本検査
(赤ちゃんひとりにつき)
41,800円(税込)
※中期胎児ドック受診済みの後期胎児ドック基本料金は22,000円(税込)
精密検査料
(赤ちゃんひとりにつき)
5,500~44,000円(税込)
※「基本検査」後、必要に応じて基本料金に加算
結果カウンセリング 3,850~22,000円(税込)

胎児ドック(お腹の赤ちゃんドック)
詳しくはこちら

染色体検査が必要な場合

胎児ドックの精密超音波検査により、染色体異常の可能性ありと判断された場合は、診断を確定するための検査として絨毛検査・羊水検査をご案内しています。

妊娠11-14週(15-17週でも可能)の場合:絨毛検査

当院では妊娠11-14週(15-17週も可能)で、絨毛検査を行っています。少量の表面麻酔を使用しますが、胎児に影響の少ない量です。麻酔後に腹部へ針を挿入し、絨毛を採取します。消毒から検査終了まで1分ほどで実際の絨毛採取は10~15秒です。絨毛の採取は高性能の超音波検査で子宮内を確認しながら行います。

当院ではこれまでの14,000件の経験を通して、リスクをより少なくし安全に絨毛検査ができるように、できる限りの配慮を行っております。

絨毛検査後は15~20分ほどお休みいただいたあと、超音波検査にて赤ちゃんの元気な様子を確認後にお帰りいただきます。

絨毛検査の料金
絨毛検査
(迅速トリソミー検査[QF-PCR検査]・染色体核型検査・
微細染色体異常検査[D-karyo])
218,900円(税込)
※別途DNA抽出費16,500円(税込)
SNPmicroarray検査
※オプション検査
110,000円(税込)
Target Exome Expanded検査
※オプション検査
418,000円(税込)
特殊FISH検査
※オプション検査
49,500円(税込)

※そのほか、診療情報提供書:8,800円(税込)などの別途料金が必要になることがございます。

妊娠16週以降の場合:羊水検査

当院では妊娠16週以降の方に羊水検査を行っています。母体の子宮内から羊水を採取し、羊水から染色体の異常・遺伝子の異常の有無を確認します。

クリフムでは経腹超音波検査により子宮内を確認しながら、赤ちゃんを傷つけないように安全に配慮して行います。

クリフムでは羊水検査には赤ちゃん用のとても細い特殊な針を使うため、表面麻酔はしません。

羊水の採取は約1分で完了。羊水検査後は20分ほどお休みいただいたあと、超音波検査で赤ちゃんの元気な様子を確認いただきご帰宅となります。

羊水検査の料金
羊水検査
(迅速トリソミー検査[QF-PCR検査]・染色体核型検査・
微細染色体異常検査[D-karyo])
185,900円(税込)
※別途DNA抽出費16,500円(税込)
SNPmicroarray検査
※オプション検査
110,000円(税込)
Target Exome Expanded検査
※オプション検査
418,000円(税込)
特殊FISH検査
※オプション検査
49,500円(税込)

※そのほか、診療情報提供書:8,800円(税込)などの別途料金が必要になることがございます。

医用画像クラウドサービスで超音波画像が見られる

Tricefy(トライスファイ)

クリフムでは、医用画像クラウドサービスである「Tricefy(トライスファイ)」を利用しています。Tricefyでは、赤ちゃんの超音波画像をママのスマートフォンと直接共有することができます。

もちろん徹底したセキュリティのクラウド上に画像保存ができるため、可愛い赤ちゃんの画像をいつでも・どこからでも、あらゆるデバイスから見ることができます。

高齢ママ外来を受診しようか迷っているあなたへ

クリフムの精密超音波検査による胎児ドックは、遺伝学的超音波検査(ダウン症などの確率を出すための検査)と、形態学的診断(最近ではかなり多くの先天奇形が初期から診断されます)の両方を一度に行います。

したがって、厳密にいうと超音波検査はスクリーニング検査だけでなく、ある意味で診断検査にもなります。また、高齢妊娠では大変重大な問題となる妊娠高血圧症候群のスクリーニンング検査も含まれています。

出生前診断はクリフムケアの始まり

クリフムの出生前診断は、診断することが目的ではなく、診断したときこそがスタートだと考えています。

もしお腹の中の赤ちゃんに異常が見られたら、客観的かつ正確な画像診断に基づいて、お腹の赤ちゃんの病態について説明します。日々進歩する各疾患の臨床経過や治療に関する最新情報をお伝えし、お腹の赤ちゃんのためにどんな準備ができるのか、ママとパパと一緒に考えていきます。

妊娠を継続するかどうか迷っていたり、妊娠を継続できるのか不安に感じたりしているママとパパの相談にも応じています。

クリフムでは分娩や治療は行っていませんが、赤ちゃんとママ・パパのためにもっとも適切な医療機関を紹介します。

ママとパパがお腹の赤ちゃんと向き合っていくことを、クリフムのスタッフ全員で最後までサポートします。

お腹の赤ちゃんのことで心配なことがあるなら、Dr.ぷぅと一緒に赤ちゃんの健康状態をチェックしませんか。

診療予約

診療はすべて完全予約制です。胎児ドックに関しては原則すべて受けています。診療予約は電話(診療終了時まで)、またはホームページの「ご予約フォーム」にて受け付けていますので、お気軽にお問合せください。

来院時には紹介状、健康保険証、母子手帳をお忘れなくお持ちください。なお紹介状がない場合は5,500円(税込)の金額が別途必要です。

現在コロナウイルス感染症対策のため、診察は、ママだけで入っていただきます。パパやその他のご家族は「ご家族用 絆ラウンジ」でお待ちいただきます。

料金はこちら