胎児の首のむくみ(NT)

nuchal_translucency

赤ちゃんの首のむくみ(NT) ちなみにこの赤ちゃんは 11週で5.9mmのむくみがありましたが、このあとむくみもほとんど認められなくなり、羊水検査・胎児ドックすべての項目で異常なく、元気に生まれています

妊娠11週~13週頃に赤ちゃんの首の後ろにむくみが見えることがあり、英語ではNuchal Translucencyといい、頭文字をとってNTと呼ばれています。これはほとんどの場合、生理現象で出てくるむくみです。すべての赤ちゃんにNTは多かれ少なかれ存在しています。大人でも、1日立ち仕事をした後に足がむくんだり、お酒を飲んだ次の日に顔や手がむくんだりしますね。大人でも生理現象として簡単にむくみは出てきますし、そのコントロールは難しいときがあります。妊娠11-13週の赤ちゃんはまだまだ小さく、循環機能(血液やリンパの流れ)が未熟です。ですから小さい赤ちゃんにむくみをコントロールしなさいとは言えないですね。NTが生理的なものか病的なものかはNTを見るだけでは分かりません。クリフムでは、NT以外に鼻骨・顎の骨・臍帯血管の数・心臓内の血流・心臓に流れる静脈管内の血流・臍帯血流・手足の位置など、妊娠初期の胎児ドックで赤ちゃんの健康チェックを行います(胎児ドックの初期の図を見てください)。また、初期胎児ドックの結果、染色体異常のリスクなどを十分説明をさせていただいた上でご希望の患者様には絨毛検査(あるいは羊水検査)も行っております(クリフムの絨毛検査などの項目を見てください)。

クリフムには、妊娠初期ドックをご希望になられる患者様が多く訪れられています。NTといわれて泣きながら来られた患者様もしっかり理解されたあと、笑顔でお帰りになられます。どうか、ご自分の赤ちゃんについて親としてしっかり理解してしっかりした信念をもってあげてくださいね

NTの計測では0.2mmの違いでもかなりリスク計算が変わってきます。なので、正確に計測されていることが前提となります。NTはすべての赤ちゃんに見られるものですので、NTがありますと言われてもびっくりしないでください。また、NTそのものは病気を表すのではなく、一時的な生理現象であることも多いのです。ドクターぷぅのところにはむくみで紹介される患者様がたくさんいらっしゃいますが、そのうちの多くの赤ちゃんが、むくみも消え、赤ちゃんに先天的な病気の可能性がほとんどないことを確認して、その後の妊娠生活を安心してすごされ、無事に元気な赤ちゃんをご出産されておられます.むくみがあるだけで胎児病ということではありません.羊水検査や胎児ドック、胎児精密検査でしっかり赤ちゃんのことを確かめるきっかけとオプションを与えられたと考えてください.さて、むくみが消えれば赤ちゃんに病気がある可能性が消えるのでしょうか。多くの赤ちゃんは大きくなるとともに病気があってもむくみは消えていきます。これは、赤ちゃんのすばらしい順応能力のためで、病気があっても、その病気がある状態で血液やリンパを上手に回せるようにできるようになっていくのです。ですから、むくみが消えたら赤ちゃんの病気の可能性が低くなるかというと決してそうではありません。また、NTが薄いから大丈夫・・・と言う説明も間違いです。以下の図を見ていただくとその理由がわかります。

crifmhp2011nov.002mid

crifmhp2011nov.003n crifmhp2011nov.004n

イギリスFMFのNT資格について

(日本ではドクターぷぅをはじめ69人の有資格者がいます。)

certificate_of_competence

余談ですが、NT (Nuchal Translucency)は現在、日本の産婦人科医と妊婦さんたちを混乱させています。 イギリスKings CollegeのK. Nicolaides ニコライデス教授(Fetal Medicine Foundation, FMFの創設者)が一時世界でも混乱しかけたNTというものをしっかりとまとめ、世界中がその基準にのっとっていますが、日本ではいまだFMFの基準を知らずにNTを計っている施設が多いのが現状です。 すでにNTということばは患者様の間でも語られるようになっています。妊娠初期にNTを避けて通れなくなってきています。NTの説明のしかたによっては元気な赤ちゃんなのに生まれてこれなくなる現実も存在しています。NTが何かを知らなければ、NTを正確に評価できなければ、NTを見たあとどうするかを知らなければNTを語ることはできません。 FMFでは、かなり厳しいコースを終了合格した者にNT Certificate(NT資格,左図)を発行しており、世界中に資格所持者がいます。日本では60人です。日本では2008年1月にクリフムの夫律子がオーガナイザーとして大阪国際会議場ではじめてFMFのNTセミナーを開催し、その後実践コースをクリフムで開催しています。NTの正確な測り方には規定がありますが、日本ではこの規定に従って測られている施設は少ないです。 また、NTだけでは赤ちゃんが評価できないため、その後FMFからもいろいろな部位を正確に見る資格を発行しています。

▽ 鼻骨資格
▽ 三尖弁逆流資格
▽ 静脈管血流資格
▽ 顔面アングル資格

です。クリフムのDr. ぷぅと中村看護師長はこれらすべての資格保持者です。クリフムではこれら以外の所見もたくさん確認して、さらに正確な胎児評価を行っています。